So-net無料ブログ作成
検索選択

カンヌ映画祭 2013 福山雅治 評判は? [エンタメ]

カンヌ映画祭 2013 福山雅治 評判は?

是枝裕和監督の新作「そして父になる」が、現地時間18日、第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で公式上映され、是枝監督、福山雅治、尾野真千子、リリー・フランキー、真木よう子らに約10分間にわたるスタンディングオベーションが贈られた。


普段決して涙を見せた事がなかった福山が・・・泣いた。


本編終了後、スクリーンにエンドロールが流れると、劇場内には観客からの拍手が鳴り響き、約10分間に渡るスタンディングオベーションが贈られた。

鳴りやまない拍手と、「ブラボー」の喝采に、涙を浮かべながら応える是枝監督の隣で、福山もまた、涙をぬぐっていた。
是枝監督はじめ、キャスト・スタッフの努力が、カンヌに届いた瞬間であった。


後に行われた会見で、その瞬間を振り返った福山は「大変感動し、涙が出ました。是枝さん、おめでとうという気持ちがこみ上げてきました。」と感無量の様子。また福山の妻を演じた尾野も、「日本の文化や会話、気持ちが伝わった事がとても嬉しかったです。」と声を震わせ、是枝監督も「こんなに長く、暖かい拍手に包まれれたのは初めて。」と喜びをかみしめた。


ドラマ「ガリレオ」も絶好調の福山雅治。かくして日本を代表する俳優の仲間入りですね♪bef1c947.jpg41789dd9.jpg7efd7c37.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。